申し訳ございません。現在工事中です。。


あまりとは



算術において除法(じょほう、除算、割り算とも、division)とは、自然数あるいは整数同士の間に定義される四則演算(加・減・乗・除)のひとつである。乗法とは互いに逆といってよい関係にある。 除法は、整数の除法の場合その意味から等分除と包含除の 2 種類に分類される。ある量が「基準となる量」の「幾つ分」に除されるかを考えるとき、「基準となる量」を求めるのが等分除、「幾つ分」になるかを求めるのが包含除である。 数学においては、乗法を持つ代数的構造について「逆元を掛けること」として除法を考えることができる。一般には乗法が可換であるとは限らないため、除法も左右 2 通り考えられる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


【PR】 リンパマッサージ 中性脂肪 ダブルインパクト 加齢臭 セルライト わきが SEO対策 東京 デートコース

【PR】 「ユニット型投資信託」など金融系に関する「U行」の用語は、コチラの用語集Uを参考に勉強してみましょう!